矢崎コネクタカタログ

91コネクタシリーズの特徴

91コネクタシリーズの特徴

本コネクタは当社"58コネクタ"と"62コネクタ"を統合し、信頼性と作業性を向上させたコネクタシリーズの総称です。
ハウジングはリヤホルダを取り付けることでターミナルの半かん合を防ぐ構造になっています。

Aタイプ

本コネクタはオスターミナル幅0.8mm(.030インチ)を有した小型コネクタで、メスターミナルは接触バネ部に、別部品として接触信頼性の高いバネ材使用した構造となっています。

TKタイプ

本コネクタはオスターミナル幅1.0mm(.040インチ)を有した小型コネクタで、電線サイズ0.3~0.50mm2の端末処理が可能です。

RVタイプ

本コネクタはオスターミナル幅が1.0mm(.040インチ)を有した小型防水コネクタで、ターミナルはエンジンルーム環境下での高信頼性を得る銅合金を使用し、安定したバネ構造となっています。

RKタイプ

本コネクタはオスターミナル幅が1.0mm(.040インチ)を有した小型防水コネクタで、ターミナル毎の個室防水構造により安定した防水性能を維持することが出来ます。

NSタイプ

本コネクタはオスターミナル幅2.3mm(.090インチ)を有した小型コネクタで、コネクタの半かん合を防ぐ為に慣性ロック構造とリアホルダ構造になっています。

M-LCタイプ

本コネクタはオスターミナル幅が6.3mm(.250インチ)を有した小型コネクでリアホルダの無い低価格版コネクタとなっています。
MタイプコネクタとM-LCタイプコネクタは互換性を有する構造になっています。

L-MCタイプ

本コネクタはオスターミナル幅が9.5mm(.375インチ)を有したコネクタです。
特にメスコンタクトのバネ部分はステンレス製の高弾性構造で、大電流下での安定した接触信頼性を実現しています。

探す